ニキビ肌 治す

ニキビ肌を治したい!という方へ

ニキビを治す洗顔石鹸

ニキビ肌を治したい!という方は多いのではないでしょうか。とくに女性であれば、朝鏡を見たときに目立つ場所にニキビができたりするだけでとても気になるものですよね。また、大人になってからできたニキビがなかなか治らないと悩んでいる方もいるかと思います。当サイトでは、そういった方のためにおすすめの洗顔料と洗顔方法を紹介したいとおもいます。「ニキビ肌を治したい」という方はぜひ参考にしてください。

 

ニキビ肌を治す上でおすすめの洗顔料「よか石けん」

まず、おすすめしたい洗顔料は長寿の里の「よか石けん」です。なぜよか石けんがニキビ肌に良いのかというと、ニキビ肌改善に効果的なグリチルリチン酸ジカリウムが含まれているということと、天然素材から作られたという2点にあります。また、それ以外の美肌硬化促進を促す美容成分がふんだんに含まれています。ローヤルゼリー、コラーゲン、アロエエキスといった美肌成分が、お肌にツヤやハリを取り戻してくれます。ニキビ肌に悩んでいるという方はぜひ長寿の里の「よか石けん」を使って毎日洗顔してみてください。

 

よか石けんを使った洗顔方法の紹介

次に、よか石けんを使った正しい洗顔方法について紹介します。まずよか石けんで洗う前に、35〜38度くらいのぬるま湯で下洗いしましょう。このぬるま湯での洗顔だけで全体の7割の汚れは落とすことができます。

 

下洗いが終わったらここからよか石けんを取り出します。人差し指で少量取り出したら、付属の泡立てネットの奥に入れて空気を含ませながらネットを回ります。回せば回すほど濃厚なもこもこ泡が出来上がります。泡が手のひらを覆うほどのサイズになったら、やさしくマッサージするように洗顔していきます。よく泡立てれば泡立てるほど、細かな泡の粒子が毛穴の奥深くまで浸透していきますので、ニキビの原因となる皮脂や汚れを根こそぎ取り除いてくれます。

 

洗い終わったら最後に石鹸成分が残らないようにしっかりすすぎます。ここでは念入りに洗い流すようにしましょう。洗顔料が少しでも残ってしまうと、ニキビのもととなるので気をつけてください。洗顔のおよそ倍くらいの時間をかけて洗い流すのがよいでしょう。これでニキビ肌を治すために必要な洗顔方法は完璧です。

くれぐれも洗顔の際はゴシゴシ強く洗いすぎないようにしましょう。ゴシゴシ擦ってしまうことによってニキビを悪化させたり、肌を傷つける原因となるので注意しましょう。泡を利用してあくまでやさしくふわふわ洗うように心がけてください。

若いころには青春の象徴と言われることも有るニキビですが、大人になってから出ると純粋に憂鬱になってしまうものです。そもそも何故ニキビというのが出来るかというと、肌の奥に汚れがたまってしまって炎症を起こすことが原因だと言われています。そのため、しっかりと内側の汚れを取り除いてくれるような洗顔をしなければなりません。皮膚科に掛かれば効果的な薬などを出してもらうことも出来ますが、病院にかからずに治したいという人におすすめなのが洗顔石鹸「よか石けん」です。
この「よか石けん」は医薬部外品タイプの石鹸ですから、他の石鹸よりも高い効果を期待することが出来るでしょう。特にニキビ肌を治すことについて高い効果を発揮してくれるのがこの石鹸です。では、どのようにしてニキビ肌を治すのでしょうか?
特徴的なのはよか石けんの主成分である火山灰シラスパウダーです。火山灰シラスというのは九州地方のシラス台地などでも知られるように、長い期間を掛けて堆積した火山灰のことです。実はこの火山灰シラスというのは非常に粒子が細かいという特徴があります。この粒子の細かさがこの石鹸の効果を高めてくれているのです。
というのも、この火山灰シラスの粒子は毛穴よりも遥かに小さい超微細サイズのものです。そのため、毛穴の奥まで入り込んでしっかりと汚れを吸着してくれる、高い洗浄効果を発揮してくれる、ということになるわけです。ニキビの原因が肌の奥の皮脂汚れに有る以上、奥まで洗浄できるのはそれだけでニキビ肌対策として効果を発揮してくれます。
さらにこの石鹸には多くの美容成分が含まれており、全体の60%程度が美容成分となっています。特にその中でもニキビに効果を発揮するのがグリチルリチン酸ジカリウムという物質です。この物質はニキビ肌やカミソリ負けに対して効果を発揮する成分で、よか石けんが医薬部外品とされているのもこれが配合されているのが理由となっています。
この他にも肌をつるつるにしてくれるアロエエキスや、しっとりとした肌を作るローヤルゼリーエキス、そしてツヤやハリなどを維持するのに効果的なコラーゲンなどを配合しており、様々な肌の悩みに一挙に答える事ができます。